今年は大掃除を計画的にしよう!

>

リビングを中心とした午前のスケジュールモデル

ベランダとリビングからスタートしよう

汚れ具合にもよりますが、午前中から始めるならベランダから掃除してみてはいかがでしょうか。
洗車ブラシを使ってホコリを取り除いていきましょう。
普通のブラシよりも素早くホコリを落とせますよ。
網戸の外側から物干しの周り、エアコンの室外機の周り、といった順番で落としていきましょう。
そのあとはほうきなどで掃きます。
手すりなどのほこりは、先ほどご紹介したストッキングたわしが便利です。

続いて部屋の中へ入り、リビングの掃除をしましょう。
カーテンを外し、ソファーやテーブルなどの家具に被せるとホコリ除けになります。
シーツやレジャーシートなどでも代用できます。
リビングの奥から玄関に向け、床をモップで掃除していきましょう。
レンタルのモップでも良いですし、簡易的なものでも構いません。
ハンディモップなどを使って天井や壁ももれなくホコリを払いましょう。
料理のけむりなどで、意外と汚れてしまう箇所なので注意してくださいね。

掃除機は最後にかけよう

玄関はスピーディに掃除してしまいましょう。
汚れが気になる所を、ストッキングたわし等を使ってこするだけでもOKです。

リビングから玄関にかけてのホコリを落としたら、最後の仕上げとして掃除機をかけていきましょう。
ここでもポイントがいくつかあります。
フローリングの床の場合は、溝の細かなゴミをあらかじめ竹串などを使ってかきだしておくと効率よく掃除できます。
掃除機をかける際は、板の目に沿うようにすると痛みや傷がつきにくくなります。
畳も目に沿うようにしましょう。

カーペットなどを敷いている場合は、縦方向にかけてから横方向にかける、というように、十字を描くようにかけると、よりたくさんのホコリを吸い取ることができます。

午前の最後はバスルームの掃除です。
シャンプーなどは全てだし、浴室全体にお湯をかけることで汚れを落としやすくしましょう。
壁、バスタブ、小物類、床と、上から下という順に洗剤とブラシで洗っていきます。


この記事をシェアする